一般社団法人寒地港湾技術研究センター COLD REGION PORT AND HARBOR ENGINEERING RESEARCH CENTER

事業活動の概要 -調査研究事業 ~課題解決への取り組み~-

調査研究は、センターにとって最も重要な事業です。より効果的かつ効率的な寒冷地の港湾整備及び利活用の促進のために解決しなければならない課題に、センター自らが取り組むものです。調査研究に当たっては、各大学の先生との共同研究の実施や高い専門性からのご指導を頂くなどの体制を整えて実施しています。

寒地港湾技術等に関する調査研究

センター発足以来、寒冷地の立地条件に伴う問題意識に基づき、実績を上げてきた事業です。

《寒冷地港湾構造物の設計手法に関する調査研究》

氷海域における海岸・海洋構造物の設計に関する調査研究

 冬期間、流氷に覆われる氷海域で建設される海洋構造物に関する設計手法を検討し、オホーツク海で整備された氷海展望塔など、氷海域での構造物の設計の知見を取りまとめ、氷海域における海岸・海洋構造物設計マニュアルとして発刊するとともに、氷海域の海洋構造物の劣化機構と対策に関する研究に取り組んでいます。

温暖化による鋼構造物の劣化状況
温暖化による鋼構造物の劣化状況
氷海域における海岸・海洋構造物設計マニュアル
氷海域における海岸・海洋
構造物設計マニュアル
流氷に覆われた紋別港の氷海展望塔
流氷に覆われた紋別港の氷海展望塔

《防災・減災に関する調査研究》

津波漂流物対策施設

国土交通省港湾局は2005年2月に「今後の津波対策」として従来の防波堤、防潮堤などの対策に加えて、減災技術を取り入れた漂流物対策を津波対策の新しい柱として取り入れました。

 これを受け、地震常襲地域にある釧路港を対象に、津波による港湾及びその背後都市部の被害低減手法の検討が行なわれ、2007年5月に釧路港入舟地区に津波スクリーン(通称クーたん)が竣工しました。その後、当センターでは有識者による委員会を開催し、(一財)沿岸技術研究センターと共同で津波漂流物対策施設の基本的な設計の考え方をガイドラインとして取りまとめて2009年に発刊し、現在その後の東日本大震災を踏まえた改訂版を準備しています。

委員会の様子
委員会の様子
津波漂流物対策施設設計ガイドライン(案)
津波漂流物対策施設
設計ガイドライン(案)
釧路の津波スクリーン
釧路の津波スクリーン

《寒冷地の特異な自然・海象環境に伴う各種現象に関する調査研究》

流氷流入対策工(Ice Boom)

 サロマ湖など、漁港に進入する流氷対策として整備された防氷施設です。流氷の進入による養殖施設や漁港港湾施設、船舶等を保護する役割を果たしています。

サロマ湖漁港流氷流入対策工(Ice Boom)
サロマ湖漁港流氷流入対策工(Ice Boom)
サロマ湖漁港流氷対策工(空撮)
サロマ湖漁港流氷対策工(空撮)

港湾の利用促進、港湾を核とした地域振興に関する調査研究

港湾の利用促進方策と地域振興方策について焦点を当て、より地域に密着した港湾マネジメントを支援する事業です。

《港湾の利用促進に関する調査研究》

国際物流促進に資する道産品の輸出促進に関する調査研究

 北海道の海上貨物の輸出入のインバランスを解消し、北海道経済を振興するため、道産品の輸出拡大は喫緊の課題となっています。このため、対岸地域への輸出可能性とそれを顕在化させる手法について調査研究を行っています。

 写真は、中国の大連における物流施設と受入体制について調査を行い、輸出拡大の手法の一つとして観光客の誘致と地元ミニコミ誌との連携についての検討状況の一例です。

大連のコールドチェーンの状況
大連のコールドチェーンの状況
大連のミニコミ誌とのコラボ
大連のミニコミ誌との
コラボ
大陸側の受入港として期待される大連港
大陸側の受入港として期待される大連港
大陸側の受入港として期待される大連港 北海道取り扱い貨物量(輸出・輸入)の割合

《港湾を核とした地域振興に関する調査研究》

稚内ドームコンサート
稚内ドームコンサート
釧路港舟漕ぎ大会
釧路港舟漕ぎ大会
苫小牧港Sea級グルメ全国大会
苫小牧港Sea級グルメ全国大会

港湾のイベントと地域活性化に関する調査研究

港湾空間を活用して多用な主体によるイベントで地域の活性化に取り組む「みなとオアシス」について、北海道内の港湾の取り組みを支援するため、参加者の意識調査などを実施しています。

離島観光に関する調査研究

離島における重要な産業である観光を振興し来島者を確保するため、来島者の意向や受入側の意識について調査を実施し、観光振興に繋がる政策立案の支援を行っています。

離島観光に関連して、地元高校とタイアップして実施した来島者アンケート
離島観光に関連して、地元高校とタイアップして実施した来島者アンケート
アンケート結果
アンケート結果

寒地港湾地域開発研究所

 センターが取り組む調査研究のうち、「港湾の利活用及び港湾を核とする地域振興に関する調査研究」をより体系立てた形で実施するため、平成23年7月7日に寒地港湾地域開発研究所を設立しました。学識経験者を構成員に加えて多面的な視点から調査研究を行うとともに、取り組み成果を幅広く地域社会に還元することを目指します。